不動産売買のときに必ず役立つ!?再建築不可物件の雑学を分かりやすくご紹介!

こちらのサイトは、再建築ができない不動産を所有している人に雑学を分かりやすくご紹介しています。
この雑学は、売却を行うときに必ず役立ちますし知っていることで売れないと考えられる不動産でも売れるからくりが分かるなどおすすめです。
再建築不可物件は市場に流通されているものなのか、これを知ることで不動産売買の可能性を把握することができますし、再建築が許されない土地を専門にしている会社もあるけれども特徴などについても触れています。

不動産売買のときに必ず役立つ!?再建築不可物件の雑学を分かりやすくご紹介!

再建築不可物件は、一度建物を取り壊してしまうとその土地の有効活用法が限定されてしまうので、不動産売買がしにくいといわれています。
しかし、再建築不可物件は一般的な不動産と比べると価格が安いのでそれを利用して不動産投資をされる人も多いようです。
一般的に再建築不可物件は土地を対象にしているのですが、耐震対策が行われている場合などではリノベーションやリフォームを行うことで資産価値を高める効果を期待できます。

そもそも再建築不可物件や建築基準法とは?

建築基準法は、住宅など建築物を作る上で必ず関わってくるもので建築物の最低基準の基本になるルールです。
建築することができる建物の種類や大きさなどが決まっているのですが、再建築不可物件の場合は主に周辺環境に依存するものでその多くが接道義務に違反しているなどがポイントになって来ます。
これは注文住宅で土地を探すときにも関わるもので、家は自らが所有している土地でも建物を自由に好きな場所および位置に建築することはできません。
建物を作るときには建築基準法を遵守しなければならない、敷地と道路の意味を理解した上で用途地域などのような規定を把握することがポイントです。
再建築不可物件は、敷地と隣接道路との関係が法律で規定されているものとは不一致になっているなどのケースが多いので、これを回避できるか否かで建築の可能性は変わります。
仮に、セットバックすることで回避ができる場合は再建築不可物件でも建築許可を得ることができます。

再建築不可物件は解体してしまうと二度と建物を作れない?

一般的な中古住宅は、そのまま住み続ける人もいるけれども家の状態により建て直しを検討されるケースも少なくありません。
中古住宅を購入するとき家の見学を行い修繕が必要な個所をチェックする、リフォームするとなるとかなり費用がかかるとなったときなどは建て直しをした方が将来的なリフォーム費用の総額を考えても安くなることもあるわけです。
しかし、再建築不可物件の場合は家を取り壊せば二度と建物を建築できない訳アリ物件ですから、その家を購入するとなると使い道がない解体ができないので建て替えが可能な家を探す人は多いわけです。
ただし、再建築不可物件も建築確認申請が要らない範囲内でのリフォームやリノベーションの場合は、建物自体を解体するわけではないので現状から新築に近い状態に作り替えることはできますし、リノベーション費用と住宅の購入資金の合計額を見たとき市場価格よりも大幅に安いとなればお買い得になるのではないでしょうか。

再建築不可物件に多い旗竿地とは何か?

再建築不可物件とは、建物を建てた後に建築関連の法律が改正されたため、既存の建物が新しい法律の基準に合わなくなってしまった物件のことをいいます。
そのため、今ある建物はそのまま使用できますが、いったん更地にすると新基準に適合できるよう現状を変更しない限りは、再び建てることができません。
このような物件のタイプとしてよく見られるのが、旗竿地です。
旗竿地とは道路から細い路地が続いていて、その奥に一定の広さを持った敷地が広がっている土地のことをいいます。
奥の敷地を旗、細い路地を旗竿に見立ててこう呼ばれています。
このような形状の土地だと、火災などが発生した時に緊急車両が敷地内に入るのが難しくなります。
それゆえ、現行の法規では建物を建てることができないようになっています。
ただし現に住宅があれば、そこに住み続けるのは構いません。
また、たとえば隣接する土地を買い取って路地の幅を広げるなどすれば、再建築不可物件の指定を受けなくなります。

普通の不動産会社では対応ができない!?再建築不可物件を買取する会社とは?

再建築不可物件を売りたいとなったとき、一般的な不動産会社の仲介では買い手が付かないなど対応が難しくなりますが、買取を専門にしている会社に相談することで再建築不可物件の売却がスムーズに行われることも珍しくはありません。
買い取った不動産は再販することで自社の利益になるわけですから、買い取った後になるべく費用をかけることなく再販ができる、人気を集めそうな特徴がある方が高く売れる可能性があるわけです。
しかしながら、実際の売却価格は同じ物件でも買取専門の会社により金額が変わるといわれており、その相場などを把握するためにも2社以上の会社に対して見積もりの依頼を行うことが大切です。
高値で売れるところは、過去に同じような経験を豊富に行っているのでこのような再建築不可物件なら流通がしやすいとか流通しやすくするために何をしなければならないのか、その費用がどのくらいかかるのか過去の経験から得たノウハウや情報で正確に導き出せる能力があります。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件のお役立ち情報

こちらのサイトは、再建築ができない不動産を所有している人に雑学を分かりやすくご紹介しています。この雑学は、売却を行うときに必ず役立ちますし知っていることで売れないと考えられる不動産でも売れるからくりが分かるなどおすすめです。再建築不可物件は市場に流通されているものなのか、これを知ることで不動産売買の可能性を把握することができますし、再建築が許されない土地を専門にしている会社もあるけれども特徴などについても触れています。

Search